JAPAN SUSTAINABLE SEAFOOD AWARD

第4回ジャパン・サステナブルシーフード・アワード 概要

ジャパン・サステナブルシーフード・アワードは、国内で広がるサステナブル・シーフードのムーブメントをより一層活性化させるために始まりました。
その年に功績を残した、日本国内におけるサステナブル・シーフードに関する取り組みを広く募集し、最も優れたプロジェクトを「チャンピオン」として表彰します。

部門

リーダーシップ部門
単独、もしくは複数の企業、組織、個人による、画期的な取り組みで業界のパイオニア的存在となったプロジェクトを表彰します。周囲が次に続くような取り組みであることを重視します。
コラボレーション部門
複数の企業、組織、もしくは個人がノウハウを共有することで実現したプロジェクト(同業者間の協働も含む)を表彰します。複数組織が協働することで業界により大きな影響を与える取り組みであることを重視します。
新設!U30(30歳未満)部門
学生を含む、30歳未満の個人、あるいは30歳未満の個人を主体とする組織によるプロジェクトを表彰します。水産業を持続可能にするためのプロジェクトであれば、構想や過程の段階での応募も可能です。

応募要項

募集期間
2022年6月8日(水)〜8月19日(金)
応募資格
2021年7月1日から2022年6月7日の期間に日本国内で取り組まれている、あるいは開始した持続可能な水産業の推進やサステナブル・シーフードの普及に貢献したプロジェクト *複数部門、過去に応募いただいたプロジェクトも再応募可能
部 門
  • (1) リーダーシップ部門
    単独もしくは複数の企業、組織、もしくは個人による、新しい取り組みで業界のパイオニア的な存在となったプロジェクトを表彰します。周囲が後に続くような取り組みであることを重視します。
  • (2) コラボレーション部門
    複数の企業、組織、もしくは個人がノウハウを共有することで実現した意欲的なプロジェクト(同業者間の協働も含む)を表彰します。複数組織が協働することで業界により大きな影響を与える取り組みであることを重視します。
  • (3) U-30部門
    学生を含む、30歳未満の個人、あるいは30歳未満の個人を主体とする組織によるプロジェクトを表彰します。水産業を持続可能にするためのプロジェクトであれば、構想や過程の段階での応募も可能です。
応募方法
以下のファイルをダウンロードしてinfo@seafoodlegacy.comまでお送りください。
応募フォーマット(Word)
応募フォーマット(PDF)
  • * 取り組みの内容がわかる写真があれば数枚お送りください。ファイナリストに選出された場合にホームページで使用いたします。
  • * 複数部門に応募する場合は、分けてご応募ください。
  • * 応募する部門が不明確な場合はinfo@seafoodlegacy.comまでお問い合わせください。
  • * 過去に応募した取り組みに関して、そのプロジェクトが当該期間に行われている場合は再度ご応募いただけます。その場合はプロジェクトの進捗や新しい成果についてもご記入ください。
注意事項
  • * 1つの企業、組織、個人による複数部門への応募も可能ですが、一次審査の段階で最も優れている取り組みのみを最終審査に残します。
  • * その他詳細は注意事項をご覧ください。

選考スケジュール

2022年6月8日(水)〜8月19日(金)
応募受付
2022年8月22日(月)〜 9月16日(金)
実行委員、審査員による選考
2022年9月21日(水)
ファイナリスト発表
* ファイナリストは当Webページにて発表いたします
2022年10月19日(水)
授賞式
  • * 東京サステナブルシーフード・サミット2022にて行います。
  • * 各部門の中で今年最も優れたプロジェクトをチャンピオンとして表彰します。
  • * 各部門のファイナリストの方には応募したプロジェクトの概要をご紹介いただきます
  • *ファイナリスト、チャンピオンには記念品を贈呈します。
  • *チャンピオンに選ばれたプロジェクトは、サステナブル・シーフードムーブメントを牽引するイノベーターを紹介する「Seafood Legacy Times」(株式会社シーフードレガシー運営)等でご紹介させていただきます。また、以下のロゴを使用できます。

審査員 *敬称略

齋藤 牧里(afumi inc. 代表取締役)、松本 哲(日本生活協同組合連合会 ブランド戦略本部 サステナビリティ戦略室 部長)、鈴木 允(一般社団法人日本サステナブルシーフード協会 代表)、宮原 正典(​​農林水産省顧問、よろず水産相談所代表、水産研究教育機構前理事長)、 牧野 光琢(東京大学大気海洋研究所 国際連携研究センター 国際学術分野 教授)、中島 雅樹(日刊水産経済新聞 編集局 編集局長)

主催・事務局・後援

主催
ジャパン・サステナブルシーフード・アワード実行委員会(ASCジャパン、 MSCジャパン、セイラーズフォーザシー日本支局、公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)、株式会社シーフードレガシー)
事務局
株式会社シーフードレガシー
後援
東京サステナブルシーフード・サミット

過去の受賞者

2020年
リーダーシップ部門:
「きじま『美味しい和食と豊かな海を、未来もずっと。』」株式会社きじま

コラボレーション部門:
「『ブロックチェーンを活用した非対面型ビジネスモデルへの転換~Ocean to Table~』」
海光物産株式会社、日本IBM株式会社、アイエックス・ナレッジ株式会社、株式会社ライトハウス

特別賞:
株式会社臼福本店
2021年
リーダーシップ部門:
「コープサステナブル」“海の資源を守る”シリーズ発売及び「責任ある調達」への取り組み
日本生活協同組合連合会

コラボレーション部門:
「高知と宮崎の近海かつお一本釣り漁業によるMSC認証取得」
高知かつお漁協