ABOUT THE SUMMIT

東京サステナブルシーフード・サミット(TSSS)とは

東京サステナブルシーフード・サミット(TSSS)は、2015年から毎年開催されているアジア最大級のサステナブル・シーフードイベントです。

サステナブルな水産業の実現を目指し、環境持続性や社会的責任の追求に焦点を当てたテーマをもとに、国内外の水産関連事業、水産資源管理、ブルーファイナンス、水産政策等の分野における専門家や企業、NGOなど多様な組織のフロントランナーが最新の知見を共有。TSSSでの出会いを機に、多くの組織間でジョイントプロジェクトが誕生するなど参加者をインスパイアし続けています。

2021年にはシンポジウムからサミットへと役割と名前を変え、さらにサステナブル・シーフード・ムーブメントを加速させる挑戦をはじめました。

そして2024年、TSSSは10周年を迎えます。

持続する豊かな海をめざして。

これからも皆様と共にサステナブルな水産業を実現していく強力なステージとして、TSSSを展開してまいります。

水産業に関わる様々な業種の方に参加いただいています

  • 水産業に関するアイコン行政
  • 水産業に関するアイコン小売
  • 水産業に関するアイコン卸売・水産バイヤー
  • 水産業に関するアイコン食品サービス
  • 水産業に関するアイコンCSR・ESG関連
  • 水産業に関するアイコンマーケティング
  • 水産業に関するアイコンIT関連
  • 水産業に関するアイコンNGO・NPO
  • 水産業に関するアイコン水産サプライチェーン関連
  • 水産業に関するアイコン生産者

ARCHIVE過去のサミット

2021

ブルー・エコノミー、2030年へのロードマップ

2020

ニューノーマル時代をつなぐサステナブル・シーフードとブルーエコノミー

2019

2020年いよいよ近づく SDGs・ESG経営に必須のサステナブル・シーフード

2018

魚から考える日本の挑戦2018 〜2020年に向けて主流化:調達、社食、売り場が変わる〜

2017

魚から考える日本の挑戦 Beyond 2020 〜オリンピックレガシーを作りSDGs達成を目指す〜

2016

魚から考える日本の挑戦 2016 〜東京五輪を機に作り上げる持続可能な調達と食の未来〜

2015

魚から考える日本の挑戦 2015 〜2020年に向けた持続可能な調達と食〜

申込済の方/ログインページ